葬儀でのマナーについて

葬儀での服装のマナーと言うものを意外と知らない方も多いと思います。
葬儀での服装のマナーですが、まずは男性も女性も裳服を着用することが一般的なマナーとなっています。
男性の場合は、ダークスーツなどが基本となっており、ストライプなどが入ったスーツなどはNGとされています。
また女性の場合も黒、紺色、灰色などのスーツが基本となっており、華美なものなどはNGとなっています。
またアクセサリーなども指輪以外は外しておくというのが一般的なマナーであり、またゴールドのものなどはすべて外しておいた方が無難であるといえるでしょう。
また、子供の場合の服装なども気を付けなければいけません。
小学校以上の場合、制服などを着ていくのが一般的なマナーとなっています。
しかし、制服がない場合などは、黒いワンピース、またはダークカラーのスーツなどが良いでしょう。
そして、新生児、さらに乳児の場合は、なるべく白などが望ましいとされています。
しかし、白がない場合はなるべく自然な色のパステルカラー、水色などを選ぶのが良いとされています。
このように、お葬式には様々な服装のマナーがありますので、もしものときにそなえて頭に入れておく必要があります。