費用がかからない宗教の葬儀は?

お葬式となった場合、特にお葬式に出す側にとって頭の痛いのが葬儀費用
これはだれでも困ることですよね。
そういった場合に、結構金額が変わるのが宗教による差なのです。

確かに、家が仏教の○○派といった人にとっては変えることは難しいので、どうにもなりませんが、
家が新家であるとか、特にこだわりがないという場合には、宗教を変えてみるのもアリかもしれません。

さて、こういった場合に、日本においては、大きく仏教、キリスト教、神道と主に3つの系統があります。
この場合、一番お金がかからないといわれているのが、神道です。
実際には、あまり体感した人は少ないかもしれませんが、神道は日本古来から宗教であり、立派にお葬式も行っているのです。
仏教であればお坊さんが、キリスト教であれば神父さんがいらっしゃるように、神道には神主がいるわけです。
そうです、神主さんは結婚式ではなく、お葬式にも対応してもらえます。
仏教でいえば線香ですが、神道ではお米です。お経ではなく、祝詞をあげてもらいます。
ちなみに、神主さんが行うので、お葬式であっても「祭」です。
神主さんの祝詞の料金はある程度決まっており、線香よりも安価ですし、榊も大したことはありません。
キリスト教でも同様に神主さんへのお支払はそれほどでもありませんが、お花代が結構な額になります。