今も昔も葬儀の形は好きに選ぶ事が出来る。

葬儀と言ってもやり方は色々とあります。亡くなった故人についての取り決め、法律はありますが、葬儀
自体にはないので好きに選んで問題ありません。

・お通夜のみ
一般には告別式がお葬式と言われますが、お通夜も変わりませんし別の儀式になります。夜の方が来て貰い
やすいという事でお通夜のみを行うやり方があります。お通夜の後はそのまま火葬場に向かいます。告別式
を含めると同じことを二回やっていると感じる人もいるようで、逆に告別式のみのケースもあります。

・密葬
いわゆる家族葬なのですが、本当に近しい人しか出席しない葬儀です。むしろ他の人は来てはいけない、となって
いる事もあって名前の通りですね。昔は火葬までを先に済ましてその後で御焼香、みたいなやり方でしたが、
今はそうでもなく面倒だからと選ぶ場合も多いです。

・直葬
これはお葬式と言われるものを一切やらないで行うモノで、すぐに火葬場に直行してその場でごく簡単な葬儀を
行って終わりです。お金も他に比べて掛らないのでこれからも増えていくと思われます。お墓に入る場合に
ちょっと事情が変わる事もあるので少し注意が要りますが、時間も掛らないので必要なら直葬で問題ありません。

他にも神式葬や社葬などで形は変わります。今は色々と対応してくれる葬儀屋さんも増えたので、要望は言った
方が良いですね。それ自体にお金もいりませんし。