葬儀は一生で最後のセレモニーです

私は5年前に母を亡くし、去年父を亡くしました。両方とも同じ病院で亡くなりましたので、同じ葬儀社を使うことになりました。
亡くなった後、病院から葬儀社の霊柩車で遺体を移動させます。
そして、お坊さんがやってきてお経を上げてくれるので、それに参加します。
お通夜は通常翌日になります。
葬儀社はとても慣れているので、何もわからない私にいろいろと教えてくれました。
お線香が渦巻きになっていて、一晩中お線香が絶えないようにします。
棺桶が運び込まれ、死化粧をし、体を棺桶の中に移します。
葬儀社の人が着物のように布を重ねて着せ、六文銭が描かれた紙を懐に入れます。
父のときはあの世に行っても不自由しないようにとお金を一緒に入れました。
お経とお焼香の煙の中で、棺が運び出されて霊柩車に乗せます。
母のときには私は霊柩車の後部座席に乗り、父のときは助手席に座って火葬場まで行きました。
人が亡くなるというのは、本当に忙しくて悲しんでいる暇がないほどなので、とても疲れます。
火葬場はまるでゴルフクラブのクラブハウスのようにきれいで広いロビーがあります。
骨を拾うときには係りの人が骨壷に入れる順番と部位の説明をしてくれるのでとてもわかりやすいです。火葬が済めばなんとなく一息つけるのです。

葬儀の種類と葬儀を行う場所について

お葬式の形式はいくつかの種類があります。
特に最近は多様化していてどれが正しいとか、こうしなくてはいけないという決まりもなく
どのようにお別れをするかで変わってきます。

一般葬、家族葬、合同葬、密葬、一日葬、お別れの会、宗教ごとのお葬式のスタイル
などあります。

一般葬と呼ばれているものが一番昔から行われているお葬式です。
家族葬は最近行う人が多くなっているとされているお葬式のスタイルで、
主に親族のみまたは、親戚も交えた20名~30名程度までで行われる
お葬式です。

お別れの会は、芸能人の葬儀などで行われていることが多くあります。
ファンや業界関係者など多くの人が参列する形式になっています。

社葬と呼ばれるものは、会社の社長さんが亡くなったときなどに行われている
スタイルで会社にかかわる多くの人が参列します。
費用も会社の経費で行うことが多いお葬式です。お葬式を行う場所も様々でどのようなスタイルで葬儀を行うか
に加えて、葬儀を行う場所でも費用が異なってきます。

家族葬の場合は、自宅や近所の公民館などを利用したり、民間の斎場を使います。
火葬場と一緒になっている斎場を使うと火葬場まで行く必要がないので式をスムーズに
行いやすいです。寺院で行うこともあり、葬儀社が手配してくれるケースも多いので
不明な点は相談してみるのも良いでしょう。