お葬式は本人の希望ですごく変わります。

亡くなる本人の生前の希望で、お葬式はどうにでも変わります。
最近では、あんまり宗教色を入れたくない人が多くなり始めていて、家族だけでひっそりと行ったとか、無宗教で行ったとかいうのをよく耳にします。
そのため、お葬式でも大きな写真と、白い花とかで、個人にサヨウナラをきちんと告げるようなタイプで終わらせたり、シンプルです。
私は昔のお葬式があんまり好きじゃないんです。
だから、今の方がいいです。
それはなぜかというと、葬式ですし、死んだから悲しいのに、後で男の人たちがお酒を飲んだりおいしい物を食べたりして、私は小さい頃、それを見ててとても嫌だった経験があるからです。
おでこをあげて、薄化粧で、顔色も悪く参列するのが普通で、黒い喪服を着ているのに、お酒を飲むとかすごくおいしい物を食べて喜んだようにするのは、ちょっとどうなのかな…?って…
あんまりにも不謹慎だと、私は小さくても感じましたし、そういう人たちは、なくなった人をこれっぽっちも悲しんでない様子でした。

だから、亡くなってうれしかったように見受けられたので、私はあんまり葬式そのものが好きでないんです。
今頃のやり方だったら、受け入れられます。
念仏の葬式とか、ホント勘弁してもらいたいです。
私は絶対今の方がいいです。
毒を捨てた!と思うからです。
そして、故人にも失礼がないからです。